SnapBridge早わかりガイド
メニュー

詳しい使い方

まずはカメラをスマートデバイスに
繋げよう

ペアリングを始める前に

スマートデバイスに「SnapBridgeアプリ」をインストールしてください。

Apple App Store®またはGoogle Play™から無料でダウンロードできます。
Android™端末、iOS端末の詳しい動作環境は、製品ページをご覧ください。

App Store Google Play

iOS端末はスマートデバイスの「設定」から「Bluetooth」をオンにしてください。

  • NFCは、NFC機能に対応しているAndroid™端末とSnapBridgeおよびNFC対応のカメラでのみ操作可能です。
  • カメラ内蔵のWi-Fi®機能、Bluetooth®機能、NFC機能は、SnapBridgeアプリがインストールされたスマートデバイスとの接続時のみ有効です。
  • 本アプリケーションはすべての端末での動作を保証しておりません。防水性能を持つカメラでは、水中での無線通信およびリモート撮影はできません。
  • SnapBridgeアプリとファームウェアは常に最新のバージョンをダウンロードしてお使いください。
ページTOPへ

画像をスマートデバイスに
自動で転送してみよう

  • 操作手順や画面表示はAndroid™端末のものです。なお、操作手順や画面表示は、機種や端末によって異なります。
ページTOPへ

画像をメール添付してみよう

  • JPEG元画像や動画といった通信データ量の多いものは、カメラ側のWi-Fi®機能を利用して手動で選択して取り込めます。Wi-Fi®を内蔵していない製品は、BluetoothでJPEG元画像を転送(手動)できますが動画の転送は非対応です。
  • RAW、TIFF画像は転送非対応です。
  • 操作手順や画面表示はAndroid™端末のものです。なお、操作手順や画面表示は機種や端末によって異なります。
ページTOPへ

リモート撮影をしてみよう

リモート撮影でこんなことも

  • タッチAF

    ピントを合わせたい場所にタッチするだけのかんたんピント合わせ!

  • カメラの設定変更(デジタル一眼レフカメラ / ミラーレスカメラの場合)

    SnapBridgeのライブビュー画面で、設定を調整しながら撮影可能!

  • カメラの機種により、リモート撮影で使用できる機能、および操作方法は異なります。
  • リモート撮影は、Wi-Fi®内蔵カメラでのみ行えます。また、動画は撮影できません。
  • カメラで画質 / 画像モードをRAWまたはTIFFに設定した場合、リモート撮影は可能ですが、スマートデバイスへの画像転送はできません。
  • 操作手順や画面表示はAndroid™端末のものです。なお、操作手順や画面表示は機種や端末によって異なります。
ページTOPへ

たくさんの画像をクラウドで
一括シェアしよう

事前準備

スマートデバイスに「NIKON IMAGE SPACEアプリ」をインストールし、ログインしてください。「NIKON IMAGE SPACEアプリ」は、「SnapBridgeアプリ」の「クラウド」タブから無料でダウンロードできます。

Apple App Store®またはGoogle Play™からも無料でダウンロードできます。
App Store®(iOS版)はこちらGoogle Play™(Android™版)はこちら

撮影した画像(200万画素相当)がNIKON IMAGE SPACEへ自動でアップロードされるように設定しましょう。「SnapBridgeアプリ」の「クラウド」タブで「自動アップロード」をタップ。つぎの画面で「自動アップロード」をタップしてオン。

  • SnapBridgeからのアップロードに限り、200万画素相当の画像アップロードは枚数・容量ともに無制限です。SnapBridgeからアップロードしても、オリジナルサイズのJPEG画像は20GBの制限適用となります。ご利用にあたりましてはNikon ID登録が必要です。SnapBridgeから登録すると、「NIKON IMAGE SPACE」にも自動的に会員登録できます。
  • 操作手順や画面表示はAndroid™端末のものです。なお、操作手順や画面表示は機種や端末によって異なります。
ページTOPへ

画像をマップ表示してみよう

アプリ設定でこんなことも

アプリ設定から「位置情報の精度」なども設定できます。

  • から、アプリ設定をタップ

  • 「位置情報の精度」から優先度を選択。「低」を選ぶと消費電力を抑えられるので、バッテリーの持ちも安心。

  • スマートデバイスに「NIKON IMAGE SPACE」アプリをインストールすると位置情報の入ったアップロード画像をマップに表示して楽しめます。
  • SnapBridgeの「クラウド」タブで「自動アップロード」を許可すると、撮影画像が「NIKON IMAGE SPACE」にも自動転送されます。
  • 位置情報の取得精度は、「高(精度優先)」は約10~20mごと、「中」は約100mごと、「低(省電力優先)」は約300~500mごと。OS仕様により、位置情報を取得する間隔が異なりますので参考値としてご覧ください。
  • 操作手順や画面表示はAndroid™端末のものです。なお、操作手順や画面表示は機種や端末によって異なります。
ページTOPへ
ページTOPへ