Nikon Imaging
Japan
COOLSHOT 40i

COOLSHOT 40i

2015年2月12日発売

高精度な測距性能を備え、起伏のあるコースで打つべき距離の目安を表示するID Technology搭載モデル

他の製品と比較する

主な特長

高い測距性能

高い測距性能
8~650yd.(7.5~590m)までの直線距離が測定でき、0.5m/yd.刻みでの表示が可能です。

ID Technologyの搭載により、打つべき距離の目安を表示する「Gモード」を採用

起伏のあるコースで、高低差をふまえた打つべき距離の目安(加減算距離=水平距離±高さ)を表示することができ、距離感のつかみにくい打ち上げや打ち下しのショットでのクラブ選択をサポートします。必要に応じて、4つの表示モードを切り替えて使用できます。

ピンフラッグを狙いやすくした「近距離優先アルゴリズム」を搭載

「近距離優先アルゴリズム」を搭載することで、レーザーが複数の目標物に当たった場合、最も近い距離を表示させます。アプローチショットでピンフラッグを狙う際に、手前にあるピンフラッグまでの距離測定が容易です。また、距離優先切り替えシステムも搭載し、目標物の状況に応じて近距離優先モードと遠距離優先モードの2モードから選択することが可能です。
近距離優先モード/遠距離優先モード:重なり合った目標物を測定した場合、近距離優先モードでは最も近い目標物までの距離を、遠距離優先モードでは最も遠い目標物までの距離を測定結果として表示します。

速い測距レスポンスを可能にする「HYPER READ」

ニコン独自の測距アルゴリズムの搭載により、目標物までの距離に関わらず一定して速いレスポンスで測定結果を表示することが可能です。COOLSHOT 40iは約0.5秒で測定結果を表示します。

基本情報

COOLSHOT 40i
2015年2月12日発売
希望小売価格:オープンプライス※
  • ※ オープンプライス商品の価格は、販売店にお問い合わせください。
  • ブラック
    JAN:4571137588199
※オープンプライス商品の価格は、販売店にお問い合わせください。
Nikon Direct
この製品は公式オンラインショップ・ニコンダイレクトでも販売しています。

関連リンク

COOLSHOTスペシャルサイト
ゴルフ用レーザー距離計 COOLSHOTの活用方法から、テクノロジーまでをご紹介します。