Nikon Imaging
Japan

COOLPIX P1000

多彩な動画機能

3000mmならではの世界を高精細な4K UHD動画で撮影

3840×2160/30p対応、最長約29分のステレオ音声付き4K UHDムービー撮影が可能です。フルHDの4倍の高画素で撮れるので、超望遠撮影時にも被写体の細部までより高精細な表現を実現。臨場感にあふれた映像表現が楽しめます。内蔵ステレオマイクだけでなく、外部マイク端子を装備しており別売のステレオマイクロホン ME-1、ワイヤレスマイク ME-W1も使用可能。また、HDMIケーブル(市販)にも対応しています。

「4K UHD」は、3840×2160フォーマットで記録できることを表します。
動画の画像サイズが3840×2160の場合は、UHSスピードクラス3以上のメモリーカードをおすすめします。転送速度が遅いメモリーカードでは、動画の撮影が途中で終了することがあります。
動画のサイズ/フレームレートが[2160/30p]時は6分以上、[2160/25p]の時は、7分以上撮影すると複数の動画ファイル(1ファイルにつき最大4GB)で記録され、連続再生できません。カメラが熱くなった場合、連続撮影可能時間内でも動画撮影が終了することがあります。
COOLPIX P1000動画
COOLPIX P1000動画

マニュアル動画

絞り優先オートやマニュアル露出で、露出(シャッタースピード、絞り値)を自分で設定して動画撮影できます。ISO感度やシャッタースピードの低速限界、露出補正、ピクチャーコントロールも設定できます。

HDMIモニタリングスルーアウトに対応「HDMIクリーンアウト」【NEW】

再生時だけでなく、撮影中(カメラ内のSDカード記録中※)の映像もHDMI接続した外部モニターにクリーン出力(4:2:2 8bit映像信号を同時出力)し、モニタリングできます。外部機器を使用してのLive配信など、さまざまな目的で幅広く活用できます。

4K UHD(2160/30p、2160/25p)記録時を除く。

外部マイク対応

内蔵ステレオマイクだけでなく、外部マイク端子を装備しており別売りのステレオマイクロホン ME-1、ワイヤレスマイク ME-W1も使用可能。外付けマイクの感度はマニュアルで調節できます(初期設定はオートです)。

ステレオマイクロホン ME-1
ワイヤレスマイクロホン ME-W1

時の移り変わりを約10秒に凝縮「タイムラプス動画」

シーンを選ぶだけで、簡単に感動的なタイムラプス動画を撮影できます。時間の経過とともに変化するシーンを一定間隔で自動的に静止画撮影。撮影した静止画をカメラ内で自動合成して、約10秒の早送り動画として記録します。

設定できるモード

種類撮影間隔
30fps(30p/60p) 25fps(25p/50p)
街中/10分間撮影※1 2秒 2.4秒
風景/25分間撮影※1 5秒 6秒
夕焼け/50分間撮影※1 10秒 12秒
星空/150分間撮影※2 30秒 36秒
星軌跡/150分間撮影※3 30秒 36秒
ピントは画面中央のエリアで合わせます。
星の動きなどに適しています。
画像処理で星の動きを光の線で表現します。
音声と静止画は記録されません。

撮影者の視点を楽しむ「スーパーラプス動画」

動画を撮影し、一定のコマを間引いた早送り動画として記録します※1。再生倍速は2倍速、4倍速、10倍速、20倍速と25倍または30倍速※2から選択可能。電子手ブレ補正により、撮影者が移動しながら撮影する際に発生しやすいブレを大幅に低減。カメラを移動させながら思いのまま構図や風景の変化などを撮影可能。被写体の移り変わりを時間短縮して記録するユニークな映像表現が楽しめます。また、動画撮影中にシャッターボタンを押すことで静止画も記録できます。

音声は録音されません。
25倍速は25コマ/秒、30倍速は30コマ/秒。
動画の写る範囲は狭くなります。
1回の撮影で記録可能な時間は、メモリーカードの残量が多いときでも最長約29分までです。カメラが熱くなった場合、連続撮影可能時間内でも動画撮影が終了することがあります。