Nikon Imaging
Japan

COOLPIX P1000

超望遠・高画質

さらに大迫力3000mm相当の超望遠「光学125倍ズーム&ダイナミックファインズーム250倍」

広角24mmから3000mm相当※1の超望遠光学125倍ズームを、気軽に持ち歩けるボディーサイズで実現。光学ズームの最望遠側で開放F値8を達成した明るい大口径レンズにより、高画質な超望遠撮影を楽しめます。光学系には、結像レベルが高く、色収差補正能力に優れたスーパーEDレンズ1枚とEDレンズ5枚を採用。3000mmの超望遠の世界でも解像感の高い美しい描写を実現しました。ダイナミックファインズームなら高画質のまま最大250倍※2、約6000mm相当※1での撮影も可能。デュアル検知光学VRによる補正効果5.0段※3の高性能レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能により、手ブレも高精度に抑えます。また、光学ズームと電子ズームを併用すれば最大500倍、約12000mm相当※1までズームが可能。

ダイナミックファインズームの倍率は、広角端からの光学ズームと電子ズームを合わせた総合倍率のことです。
焦点距離は35mm判換算です。
最大画像サイズ設定時。画像サイズによって最大倍率は異なります。
CIPA規格準拠。約350mm(35mm判換算の撮影画角)で測定。
24mm相当(35mm判換算の撮影画角)、f/2.8
3000mm相当(35mm判換算の撮影画角)、f/8
光学ズーム
約6000mm相当(35mm判換算の撮影画角)、f/8
光学ズーム域を超えても、すみずみまで高精細なダイナミックファインズーム
3000mm相当(35mm判換算の撮影画角)、f/8
3000mm相当(35mm判換算の撮影画角)、f/8

補正効果5.0段のデュアル検知光学VR

角速度センサーで検出した「手ブレ情報」と、画像情報を基に算出した「ブレの方向と量の情報(動きベクトル)」の2つの情報を使用し、独自のVRアルゴリズムで演算することでより高精度なブレ量演算を実現。高い手ブレ補正精度を発揮します。手ブレを抑えるためにシャッタースピードを上げ過ぎると開放絞りでも適正露出にならない、高感度になり過ぎるといった制約を軽減。撮影状況を問わず、より狙いどおりに被写体を捉えることができます。

補正効果5.0段:CIPA規格準拠。約350mm(35mm判換算の撮影画角)で測定。
画像はイメージです。

乗物から、あるいは歩きながらの撮影などの大きな揺れを、効果的に補正するACTIVEモードも搭載。モニターやファインダー像のブレまで高精度に抑えるので、超望遠時も快適に撮影できます。

VRには、露光前センタリング実施による構図ずれを改善する「NORMAL(構図優先)」「ACTIVE(構図優先)」モードを追加。撮影状況に応じて設定することで、ファインダー像との構図ずれを抑えることができます。特に、画角が狭く、露光前センタリングによってファインダー像と記録画像の構図がずれやすい望遠撮影時に有効。狙ったフレーミングでの撮影が可能です。

超望遠サポート機能

超望遠ズーム時にカメラがぶれて被写体を見失った際、クイックバックズームボタンを押すと一時的に広角側にズームバックして見える範囲(画角)が広がり、被写体を捉えやすくなります。ボタンを離すと、瞬時に元の超望遠状態に戻ります。レンズ鏡筒左側に配置されており、カメラを支えたままの左手親指で、ファインダーを覗いたまま操作できます。

動画撮影中は使用できません。
超望遠ズーム時に見失った被写体をズームバックして再捕捉できるクイックバックズームボタン
ズーミング時に手ブレしにくいサイドズームレバー

レンズ鏡筒左側にサイドズームレバーを搭載。クイックバックズームボタン同様、左手で鏡筒をしっかりとホールドしながら、スムーズにズーミングできます。また、フォーカスモードセレクターがMFの時にあらかじめメニューからサイドズームレバー設定をMFレバーにしておくとピント合わせに使用できます。

あらかじめ設定しておいた焦点距離に、ズームレバー操作ですばやく切り換えられます。広角から超望遠まで25種類の焦点距離から幾つでも設定できる※ので、広角から超望遠への切り換えもスムーズに行えます。

設定できるズーム位置(35mm判換算の焦点距離/撮影画角)
24mm、28mm、35mm、50mm、70mm、85mm、105mm、135mm、200mm、300mm、400mm、500mm、600mm、800mm、1000mm、1200mm、1400mm、1600mm、1800mm、2000mm、2200mm、2400mm、2600mm、2800mm、3000mm

複数の焦点距離を設定した場合、ズームレバーを動かすと、操作前と一番近い焦点距離に切り換わります。
サイドズームレバーでは、ズームメモリー機能は使用できません。
電子ズームを使う時は「ズームメモリー」を「しない」に設定してください。

カメラの電源をONにしたときのズーム位置をあらかじめカメラに設定できます。カメラを起動してすぐに、設定した焦点距離へズーミング。好みの焦点距離からスムーズに撮影を楽しめます。

設定できるズーム位置(35mm判換算の焦点距離/撮影画角)
24mm、28mm、35mm、50mm、70mm、85mm、105mm、135mm

AFエリアを手動で移動できる「AFエリア選択」の[マニュアル]に、被写体サイズに合わせて選べる(スポット)、(標準)、(ワイド)の3種類のAFエリアを用意しています。

マニュアル(スポット)
ピントを合わせたい場所をピンポイントで選択可能。より精緻なピント合わせで、被写体をよりシャープに描写できます。
マニュアル(標準)
マニュアル(ワイド)
画像はイメージです。

ファインダーや画像モニターの視野(実際の撮影画角)は望遠側にズームするほど狭くなるため、動く被写体を捉えにくい場合がありますが、ドットサイト DF-M1は肉眼と同じ倍率で、広い視野で確認でき、撮影する際のフレーミングをより快適にします。
防塵・防滴に配慮した設計で悪天候下でも安心。コンパクトに持ち運べる折りたたみタイプです。照準マークはパターンを3種類から選べ、位置調整、明るさ(5段階)とカラー(赤または緑)の選択も可能です。

ドットサイト DF-M1
P1000+ドットサイト DF-M1

カメラとBluetooth®接続して、ズーム操作、静止画撮影、動画撮影の開始・停止ができます。また、撮影画面でカメラのマルチセレクターと同様に、フラッシュモード、セルフタイマー、フォーカスモード、露出補正を設定できます。撮影モードやメニュー設定によっては、効果の調整、AFエリアの移動ができます。マニュアルフォーカス時は、ピント合わせができます。カメラから機能を割り当てられるFn1/Fn2ボタンも搭載しています。

Fn1/Fn2ボタンはCOOLPIX P1000では使用できません。

月や野鳥も手持ち撮影で美しく「月モード・鳥モード」

ピント合わせやカメラ設定が難しい月や野鳥の撮影も、シーンモードでカンタンにできます。モードダイヤルに配置されているので、ダイヤルを回すだけでスピーディーにモード変更できます。シャッタースピードや絞りはカメラが自動制御。月や鳥を捉えやすい広角側のズーム位置で、モニターに表示される望遠側※1(光学ズーム)の画角を示すフレーミング枠内に被写体を捉えてOKボタンを押すと、一気に望遠側※1までズーミング。被写体を見失うことなくスピーディーに撮影できます。また、補正効果の高い手ブレ補正(VR)機能で、手持ちでもブレを軽減してシャープに撮影できます。

月モード
色合いをコマンドダイヤルで調整可能。
鳥モード
最大画像サイズで約7コマ/秒、約7コマまでの高画質連写が可能。
月モード時:1000mm相当、鳥モード時:500mm相当。いずれも35mm判換算の撮影画角。

細部まで圧倒的な美しさ「高性能NIKKORレンズ」

小さなレンズでも最大限の解像力を発揮し、被写体のディテールや質感まで美しく描写します。

通常レンズ
EDレンズ

高画質を支えるテクノロジー

高速性能に優れたCMOSセンサーに、高感度時の画質に定評のある裏面照射型を採用。一般的な表面照射型とは異なり、裏面照射型では配線層の上に受光面を配置することで光をダイレクトに取り込むため、高感度でも高画質で撮影できます。

デジタル一眼レフカメラの画づくりと共通した画像処理システムで、美しい写真を生みだします。

暗い場所でもキレイに撮れる「夜撮りキレイテクノロジー」

明かりの少ない室内や夜の記念撮影も、ニコンの優れたテクノロジーがノイズや手ブレをしっかり軽減。有効画素数1605万画素の高画素を最大限にいかして、大切な思い出をキレイに残せます。

高性能な画像処理エンジンとノイズ低減技術で、高感度時に発生しやすいノイズを低減。最高感度のISO 6400※でもノイズを気にせず撮影できます。

光の少ない暗い場所で起こりがちなノイズを抑え、クリアーな写真を撮影できます。
P、S、A、Mモード時に設定可能。

レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能は、一眼レフカメラとNikon 1の交換レンズのブレ補正技術を応用。トップクラスの補正精度を実現しています。

シャッタースピードとISO感度をバランスよく制御し、背景まで自然な明るさで描写。失敗しやすい夜のフラッシュ撮影も安心です。

高感度CMOSセンサーで低ノイズを実現。なめらかな階調表現の写真を楽しめます。画像処理速度が速く、夜景などの自動連写合成技術にも貢献しています。

本ページに掲載の画像は一部を除きイメージです。