Nikon Imaging
Japan

COOLPIX B500

快適な撮影

省電力設計でたっぷり使える「単3形電池(4本)対応」

外出先でも入手しやすい単3形電池を採用しています。充電が必要ないので外出先ではもちろん、撮影中のバッテリー切れにもすばやく対応可能。省電力設計により、アルカリ電池で約600コマ※1、別売のNi-MHリチャージャブルバッテリー EN-MH2-B4(4本入り)※2で約750コマ※1、リチウム電池なら約1240コマ※1※3も撮影できます。

電池寿命は、SnapBridgeを使用していないときの値です。また、使用温度、撮影間隔、メニュー表示時間、画像表示時間などの使用状況によって異なります。
Ni-MHリチャージャブルバッテリー EN-MH2-B4の充電には、専用バッテリーチャージャー MH-73(別売)が必要です。
市販の「エナジャイザーリチウム乾電池(単3形)」使用時。
Ni-MHリチャージャブルバッテリー EN-MH2-B4

ハイアングルもローアングルも思いのまま、「3型チルト式液晶モニター」

より自由に自分だけの構図づくりを楽しめる大画面チルト式液晶モニターを採用しています。撮影するときにモニターの角度を変えられるのでアングルの自由度が高く、ハイアングルやローアングルでの構図確認も容易です。ラクな姿勢で被写体を狙うことができ迫力のある静止画や動画表現もカンタン。

3型チルト式液晶モニター
広視野角で斜めからでも鮮明に見られる約92万ドットの液晶モニター
ハイアングルでの撮影時にも、液晶モニターでしっかりと構図を確認しながら撮影可能
ハイアングルで撮影
ローアングルで撮影

十分な指がかりを確保できるグリップ形状を採用。カメラをしっかりと持てるので、手持ちでの超望遠撮影が気軽に行えます。

設定がすぐに変えられる「撮影モードダイヤル」

シーンモードなど、使用頻度の高い10個の撮影モードを集約した撮影モードダイヤルを搭載。オート撮影モード、おまかせシーンモード、シーンモード、夜景、夜景ポートレート、逆光、スポーツ、クリエイティブモード、ベストフェイスモード、ショートムービーショーモードを片手ですばやく設定できます。

撮影モードダイヤル

選んでいる項目のヘルプをモニター下部に自動表示する「進化したヘルプ機能」

撮影モードの切り換え中や設定画面の表示中に、選んでいる機能の説明が表示されます。カメラのセットアップメニューで、ヘルプ機能の表示/非表示を切り換えることができます。

設定画面

被写体を自動検出してピント調整「ぴったりAF[ターゲットファインドAF]」

カメラが撮りたいものを自動的に検出して、すばやくピントを合わせます。被写体サイズに合わせてAFエリアを自動調整するので、人物の顔はもちろん、花や小物などの小さなものも、くっきりとキレイに撮影できます。

人物の顔を検出した場合
顔認識AFで人の顔を優先してピントを合わせます。構図を変えても、顔へのピントをキープします。
人物がいない場合
被写体予測技術が色や形で、主要な被写体を自動検出してピントを合わせます。顔以外のものを撮るときも、AFエリア設定は不要です。
主要な被写体を検出していない場合
9点AFに切り換わり、最も手前の被写体を捉えているAFエリアでピントを調整。小さな被写体でもキレイに撮影できます。

動く被写体をロックオン「ターゲット追尾」

撮りたい被写体をカメラに登録させると、動く被写体をAFエリアが自動追尾。優れた被写体追尾技術により、被写体が動いていてもピントの合ったキレイな写真を撮影できます。

本ページに掲載の画像は一部を除きイメージです。