Nikon Imaging
Japan

春の花、菜の花花・植物

「色の春」を考えると、まず思い浮かぶのは黄色い菜の花ではないでしょうか。風が少しぐらい冷たくても、山々に残雪があっても、地上は春満開です。思い切って撮影に出かけてみましょう。

一面に広がる菜の花畑の手前部分に、夕方の斜光線が差し込んでいました。広さを想像してもらうため、人物を配置しました。背景の山々には残雪があり、季節の流れを感じさせてくれます。

撮影時のポイント

  • 光が菜の花畑の手前に入ったタイミング
  • 人物が入ってきた瞬間を狙う
  • 残雪の山を入れて、奥行き感と季節の移ろいを表現
  • 黄色をきれいに出すためのプラス(+0.3)補正
  • 写真の手前側1/3の辺りにピントを合わせる

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
焦点距離:40mm
絞り値:f/11
シャッタースピード:1/200秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

標準ズーム

おすすめのレンズ
AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

広角域から望遠域まで、幅広い画角範囲をカバーする、約5.8倍の高倍率標準ズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

標準ズームレンズの望遠側(90mm)でアップ気味にして、背景の山々のボケ具合を大きくしました。黄色を明るくするため、露出補正は少し多め(+1.3)に設定しています。

背景に桃のピンク色を入れてやや明るめの露出に。春の色の対比を意識しました。絞りは開放気味に設定し、背景のボケ具合は大きめに表現しています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春の花、サクラ

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

ひと工夫したサクラ

このレシピを見る

豪華なサクラ

このレシピを見る

春の光の中に伸びるチューリップ

このレシピを見る

葉とサクラのコンビネーション

このレシピを見る

初夏の花々を楽しむ

このレシピを見る

スケール感を意識してネモフィラを撮る

このレシピを見る

春光の中のチューリップ

このレシピを見る