Nikon Imaging
Japan

梅のある風景風景

冬から春へと変わる頃には、梅の花が満開の時期を迎えます。山中でも街中でも、周辺の環境までを含んだ花だけではない「梅風景」を撮ってみましょう。

山の斜面を覆い尽くす一面の梅の花が、春の光を浴びて満開です。標準レンズのやや広角側で画角を広くして、背景の山並みまで入れた切り取り方をしてみました。

撮影時のポイント

  • カメラを手持ちし、レンズは広角側(29mm)に設定し広い画角を狙う
  • 山並みを入れて奥行きを感じさせる
  • コントラストをつけるため円偏光フィルターを使用
  • 花の色を出すためのプラス(+0.7)補正
  • ISO感度を400に設定し、シャッタースピードを1/800秒で撮影

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
焦点距離:29mm
絞り値:f/5
シャッタースピード:1/800秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.7段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:円偏光フィルターII 82mm

おすすめ機材

標準ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

VR機構を搭載し、NIKKOR初のED非球面レンズを採用。極限の画質を追求した高性能大口径標準ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

街中の紅梅が咲き誇っていました。ポカポカしてきた春の陽気の中、逆光気味の光線でしたので、思い切った(+1.7)の露出補正で紅梅の色を出しています。お寺の五重塔とのバランスも考えて撮った一枚です。

遠く背景に見えるのは街の家々です。風のない暖かな山の斜面に咲くピンクの梅は、何か街や人々を見下ろしているような雰囲気です。望遠レンズの圧縮やボケの効果を活かしてみました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

夜を彩るイルミネーションを残す

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

神々しい御来光

このレシピを見る

冬の寒さのなか、雪景色を撮る

このレシピを見る

透明感のある氷

このレシピを見る

美しい朝日、夕日の風景

このレシピを見る

イルミネーションを大きく切り取る

このレシピを見る

ホワイトバランスでイルミネーション風景を撮り分ける

このレシピを見る

冬のシルエット

このレシピを見る

厳寒の造形

このレシピを見る

雪面の造形

このレシピを見る

ダイナミックに変わる夕景の色

このレシピを見る

雲間から差す光

このレシピを見る

ダイヤモンド富士

このレシピを見る