Nikon Imaging
Japan

梅情緒花・植物

「梅一輪、一輪ほどの暖かさ」などとも詠われる梅は、寒さの残る時期に凛と咲き始めます。撮影時になにかプラスアルファを考えることで、一味違った梅のある光景になります。

ボケ効果を利用して、背景にお城を配してみました。くもっているなか逆光気味で明るめの空ですから、プラスの露出補正で、白梅の白を表現しました。やや上を向いた状態で手持ちにて撮影しています。

撮影時のポイント

  • 中望遠域のボケ効果
  • プラス(+1.0)の露出補正
  • 高め(ISO 800)のISO設定にしブレ防止

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
焦点距離:105mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/640秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+1.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 800

おすすめ機材

標準ズーム

おすすめのレンズ
AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

広角域から望遠域まで、幅広い画角範囲をカバーする、約5.8倍の高倍率標準ズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

咲き始めで蕾の多い梅の枝と、暗めの杉林の組み合わせです。背景が黒めになりますからマイナス(-2.3)の露出補正にしています。

お寺の特徴のある独特の窓を背景に、2輪ほどの白梅を配しました。古い日本らしい建物と梅の花は、ベストマッチングかもしれません。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

冬に咲く椿

このレシピを見る

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春を呼ぶ水仙

このレシピを見る

春の到来を告げる福寿草

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る

ニコンイメージングプレミアム会員
ニコンイメージング会員

このアカウントでは一部サービスがご利用になれません。ログインID統合のお手続きをお願いいたします。
ログインID統合手続きはこちら