2017年度国内撮影ゼミ 活動報告

「錦秋の栗駒山と、須川湖に映るブナ黄葉」

開催期間:2017年10月10日(火)~11日(水)[1泊2日] 撮影指導:深澤 武 先生

 10月10~11日は深澤武先生と共に、岩手県の栗駒山と須川湖へ1泊2日の撮影ツアーに出かけました。深澤先生はニッコールクラブ撮影ツアーには初登場です。
 初日はあいにくの雨模様でした。山頂付近に霧が出ていましたが、霧の切れ間をねらって撮影。深澤先生からは、雨天での撮影テクニックをその場でレクチャーしていただきました。  須川湖では、湖面に映り込んだブナやナナカマドの紅葉を撮影。2日目の早朝撮影は濃霧のため残念ながら中止となりましたが、出発前には雨も上がり、シラタマノキ湿地泥炭地へ向かいました。湿地の名前の由来ともなったシラタマノキや、湿地へ向かう道筋のブナなど、思い思いの場所で時間を忘れるほど、撮影に集中しました。特に紅葉は、最も鮮やかに色づいた時期での撮影。もう一度訪れたい、と思わせる風景に出会えたツアーでした。