Nikon Imaging
Japan

「TopEye 全国高校生写真サミット2018」の受賞校が決定

  • 2018年02月05日
    写真文化活動
  • 2018年2月2日(金)・3日(土)・4日(日)の3日間にわたり、「TopEye 全国高校生写真サミット2018」を横浜で開催しました。

    「TopEye 全国高校生写真サミット」は、次世代を担う高校生たちに「写真作品で競い合いながら、共に学ぶ場」を提供することを目的としたイベントです。「TopEye」で年間を通して実施されているフォトコンテストの合計得点によって、全国から選抜された15校の写真部生徒計45名が、日本における写真文化発祥の地「横浜」を舞台として撮影し、作品性を競い合います。

    第6回目となる今回は「響き。横浜」をテーマに、各校3名1組でチームを組み、オリジナルな想像力と感性で撮影した組写真で作品性を競い合いました。特別審査員には世界各国で数々の賞を受賞しているフォトジャーナリストの林典子氏を迎え、厳選なる審査の結果グランプリには、香川県立坂出商業高等学校の作品「ココロオドル」が選ばれました。

    グランプリ受賞作品 香川県立坂出商業高等学校「ココロオドル」

    【グランプリ受賞 香川県立坂出商業高等学校のコメント】
    グランプリを取れるとは思っていなかったので、まさかまさかで驚いています。今回のテーマ「響き。横浜」での撮影にあたり、主役と脇役のバランスを考えて、自分が感じた心の響きを見ていただく方にも感じてもらえるよう、3枚の組写真を構成しました。

    【審査委員長 小林紀晴氏のコメント】
    写真とは予測がつかない出会いの中で、いかに被写体となる人、風景、出来事といったものと、自らをシンクロさせるかが大きなポイントになると思います。その点で香川県立坂出商業高等学校の作品は、みごとにそれらとシンクロして響いてきました。

    「TopEye 全国高校生写真サミット2018」受賞結果

    賞名受賞校(受賞作品名)/受賞校・受賞者(受賞作品名)
    チーム 賞グランプリ 香川県立坂出商業高等学校
    「ココロオドル」
    準グランプリ 埼玉栄高等学校
    「足音」
    優秀 賞 群馬県立藤岡北高等学校
    「EAT SLEEP SHOOTING」
    帝塚山学院中学校高等学校
    「至福のひととき」
    沖縄県立知念高等学校
    「Concourse」
    横浜市文化観光局長 賞 大阪府立成城高等学校
    「17。」
    高文連全国写真専門部会長 賞 和歌山県立神島高等学校
    「ハマに生きる」
    エプソン 賞 熊本県立第二高等学校
    「Reflection」
    スリック 賞 八代白百合学園高等学校
    「Melody」
    北海道「写真の町」東川町 賞 沖縄県立浦添工業高等学校
    「街の声」
    全日本写真連盟 賞 中越高等学校
    「響きあう」
    日本報道写真連盟 賞 大阪府立四條畷高等学校
    「喫茶ナタヤ」
    フォトシティさがみはら実行委員会 賞 宮城県白石工業高等学校
    「美味しさを届けるために」
    ニコンサロン 賞 千葉県立四街道高等学校
    「明日へ」
    Be a Photographer 賞 出雲北陵高等学校
    「誘い」
    個人 賞 小林紀晴 賞 大阪府立四條畷高等学校
    湯田 真樹子「同じ」
    秋元貴美子 賞 沖縄県立知念高等学校
    當間 早希「それぞれの時間」
    藤村大介 賞 群馬県立藤岡北高等学校
    三木 美穂「豆まき、しろや!!!」
    ミゾタユキ 賞 帝塚山学院中学校高等学校
    川口 春瑠「ドックドックハーレー」
    林典子 賞 群馬県立藤岡北高等学校
    黒澤 碧「キミのおもかげ」
    横浜市長 賞 大阪府立成城高等学校
    山本 優花「どんちゃん」

    本イベントでは、全国の写真部仲間との交流会、審査員を務めた写真家(小林紀晴氏・秋元貴美子氏・藤村大介氏・ミゾタユキ氏・林典子氏)が自身の作品を振り返る作品トークセッションや、作品講評会などのプログラムが実施されました。

    当日のイベントの様子

    優秀作品の展示・掲載予定

    「TopEye 全国高校生写真サミット2018 優秀作品展」

    ニコンイメージングジャパンでは、今後も様々な側面から写真文化活動をサポートしていきます。

    以上

    こちらに掲載されている情報は公開日現在の情報となり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。