Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

ニコンイメージングジャパン、「TopEye 全国高校生写真サミット2018」を横浜で開催

全国から選抜された15校の写真部生徒による写真の祭典

  • 2017年12月15日
    写真文化活動
  • 2018年2月2日(金)~ 4日(日)の3日間にわたり、6回目となる「TopEye 全国高校生写真サミット2018」を横浜で開催します。

    「TopEye 全国高校生写真サミット」は、次世代を担う高校生たちに「写真作品で競い合いながら、共に学ぶ場」を提供することを目的としたイベントです。「TopEye」で年間を通して実施されているフォトコンテストの合計得点によって、全国から選抜された15校の写真部生徒計45名が、日本における写真文化発祥の地「横浜」を舞台として撮影し、作品性を競い合います。また、単なる写真コンテストではなく、プロ写真家による撮影指導や講演、作品講評、写真部同士の交流など、高校生たちの出会い、共有、共感、成長の場を提供するプログラムとなっております。本イベントは、「撮る・みる・楽しむ。写真の祭典『フォト・ヨコハマ2018』」のパートナーイベントになっております。

    出場校

    本イベントには、以下の15校が出場します。

    宮城県白石工業高等学校、中越高等学校(新潟県)、群馬県立藤岡北高等学校、埼玉栄高等学校(埼玉県)、千葉県立四街道高等学校、大阪府立成城高等学校、帝塚山学院中学校高等学校(大阪府)、奈良県立王寺工業高等学校、和歌山県立神島高等学校、香川県立坂出商業高等学校、出雲北陵高等学校(島根県)、熊本県立第二高等学校、八代白百合学園高等学校(熊本県)、沖縄県立浦添工業高等学校、沖縄県立知念高等学校

    「TopEye」とは

    1979年よりニコンイメージングジャパンが発行している中高生フォトグラファー応援マガジンです。誌面を通じてのフォトコンテストの開催や各地の写真部の紹介、プロ写真家によるアドバイスなど、全国の中学校・高等学校の写真部を支援しています。

    写真は前回(第5回)「TopEye 全国高校生写真サミット2017」の様子

    「TopEye 全国高校生写真サミット2018」開催概要

    開催日程 2018年2月2日(金)~2月4日(日)
    一般公開 2月3日(土)14:30~18:30 生徒による作品プレゼンテーションなど(※1)
    2月4日(日)10:00~12:45 基調講演・表彰式(※1)
    会場 横浜美術館 レクチャーホール他
    (神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号)
    概要 開会式で発表されるテーマに沿って、生徒達は貸与される同じ機種のデジタル一眼レフカメラと交換レンズ(※2)を使用して、そのテーマを表現する作品を横浜の指定エリア内(※3)で撮影します。撮影会後、生徒による作品のプレゼンテーションとプロ写真家による審査を経て、グランプリ(チーム賞)を決定します。
    主催 株式会社ニコンイメージングジャパン
    共催 横浜美術館
    後援 横浜市文化観光局、高等学校文化連盟全国写真専門部
    協力 エプソン販売株式会社、株式会社ケンコー・トキナー、北海道「写真の町」東川町、全日本写真連盟、日本報道写真連盟、フォトシティさがみはら実行委員会、読売写真大賞事務局
    審査員 小林紀晴氏(審査委員長)、秋元貴美子氏、藤村大介氏、ミゾタユキ氏、林典子氏(特別審査員)
    時間と内容につきましては、変更となる可能性があります。
    D5600、AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR、AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
    みなとみらい地区、山下公園、馬車道、マリンタワー、大さん橋、赤レンガ倉庫、港の見える丘公園など横浜を代表する各スポットを含むエリア

    主なプログラム

    2月2日(金)

    2月3日(土)

    2月4日(日)

    優秀作品の展示・掲載予定

    以下の日程で「TopEye 全国高校生写真サミット2018 優秀作品展」を開催します。

    「TopEye 全国高校生写真サミット2018」最優秀賞の受賞校作品は、2018年2月下旬発行の「TopEye」誌面での掲載を予定しています。

    以上

    こちらに掲載されている情報は公開日現在の情報となり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。