Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

水辺を彩るハス花・植物

散るまでが3日間程度というハスは、夏の水辺に似合う花でしょう。早朝、花が咲く時には「ポン」と音がするなどとも言われています。が、私はまだ聞いたことがありません。

曇り気味で強い光がないシチュエーションでの撮影です。真下にハスの花があったので視覚に近い標準レンズを使い撮影しました。花芯にフォーカスし、絞りは開け気味。花のきれいなピンク色が出るように露出に注意して撮っています。撮影後の画像編集で弱いソフトフィルターをかけて、ほんわかした雰囲気を加えています。

撮影時のポイント

  • オーバー気味(+0.7)できれいなピンクを表現
  • 花芯の見える真上から見下ろし撮影
  • 単焦点レンズの特長である、きれいなボケを意識
  • ソフトフィルターをかけやさしくやわらかい感じを演出

撮影情報

単焦点

使用レンズ
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition)

静粛なAF撮影ができるSWM 搭載の大口径単焦点レンズであるAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gをベースにデザインを変更した標準レンズ。

製品の情報はこちら

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition)
焦点距離:50mm
絞り値:f/3.5
シャッタースピード:1/1000秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.7段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

この被写体の撮影バリエーション

カメラの高さを思い切って低くして、前ボケの効果を狙いました。開放気味の絞りでボケが大きくなり、且つ、花の色が爽やかできれいに出るようプラス(+1.0)補正で撮っています。

同じ望遠レンズですが、こちらは背景のボケを意識しています。木立とその後ろの田んぼまでの奥行きを出しました。花に当たる逆光気味の光に注意しながらの撮影です。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

アジサイのある風景

このレシピを見る

アジサイの造形を楽しむ

このレシピを見る

初夏のユリ

このレシピを見る

夏に似合うヒマワリ

このレシピを見る

初夏を彩るバラ

このレシピを見る

花菖蒲、咲く

このレシピを見る

視点を変えてハスを撮る

このレシピを見る