Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

視点を変えてハスを撮る花・植物

夏の定番である被写体、ハスの花。多くの方が撮影をする見慣れた被写体でも、切り取り方や露出など少し変化させて撮ってみると、表現の幅が広がります。ひと工夫して視点を変えてみるのです。脱「固定観念」を目指してみませんか?

花弁に少し残る水滴。やわらかい光が差し始め花弁の透明感がきれいです。色のグラデーションを美しく撮りたかったため、真横からカメラを手持ちして近づき、この部分だけ大きめに狙いました。思い切ったプラス(+2.0)の露出で背景を飛ばし気味にしています。左斜め上に太陽があるタイミングの撮影です。

撮影時のポイント

  • 光の当たり具合(逆光気味)
  • 露出補正(+2.0)を大きくして透明感を演出
  • 中望遠で大きく狙いポイント強調

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:70mm
絞り値:f/6.3
シャッタースピード:1/250秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+2.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 800

おすすめ機材

標準レンズ

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

高い信頼性を誇る大口径標準ズームレンズ。高い解像力と優れた収差補正バランスを実現した、極めて高い描写性能を発揮するズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

前日の雨しずくがハスの葉に残っていた所に花弁が1枚落ちていました。色と形の質感の対比が面白かったのに加え、葉の陰が独特の形をしていて魅力的だったので、思わずおさえた一枚です。

カメラの高さを低くすると、葉陰に小さな蕾がありました。主役にするにはか弱い感じですが、葉と寄り添っている姿が魅力的だったため、AF-S TELECONVERTER TC-20E IIIで引きつけ大きく狙いました。露出は葉陰なため、大きくオーバー(+2.0)にしています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

アジサイのある風景

このレシピを見る

アジサイの造形を楽しむ

このレシピを見る

初夏のユリ

このレシピを見る

夏に似合うヒマワリ

このレシピを見る

初夏を彩るバラ

このレシピを見る

花菖蒲、咲く

このレシピを見る

水辺を彩るハス

このレシピを見る