Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

花菖蒲、咲く花・植物

梅雨間近のこの時期、一番目につく花は花菖蒲だと思います。形、大きさ、色もさまざまで群生した様子も絵になりますし、アップにした際の形や色のグラデーションにも興味ひかれるものがあります。

大きな木の下で直射日光のささない花菖蒲を選び、しっとりとした感じを意識しつつ色の飛びを防ぎました。太陽がほぼ真上にある時間帯に、画角上部の群生した花の右上辺りに光が当たったタイミングの撮影です。
広角レンズを用いて群落の広がるスケール感と奥行きを表現。カメラ位置はやや低めで、手持ちで撮っています。

撮影時のポイント

  • 広角レンズで、たくさん咲いている様子と奥行きを表現
  • 日陰の花を選択
  • 主役は白ではなく花弁に色づきのある花
  • 奥に木の幹を少し入れ変化を演出

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:24mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/100秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

標準レンズ

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

高い信頼性を誇る大口径標準ズームレンズ。高い解像力と優れた収差補正バランスを実現した、極めて高い描写性能を発揮するズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

望遠レンズ(190mmあたり)で後ろのボケ効果をいかした作品にしました。両サイドに色の異なる花を配してトンネル構図のような効果を狙っています。手持ち撮影なのでISO感度を少し高くし、手ブレを防止しました。

青空にスッと立つ一本の花菖蒲を選びました。f/9まで絞り被写界深度を深くして、全体にシャープなピントとなるよう配慮しています。太陽を入れた逆光の状況なためプラス(+1.0)の露出補正をして花の色を出しました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

アジサイのある風景

このレシピを見る

アジサイの造形を楽しむ

このレシピを見る

初夏のユリ

このレシピを見る

夏に似合うヒマワリ

このレシピを見る

初夏を彩るバラ

このレシピを見る

視点を変えてハスを撮る

このレシピを見る

水辺を彩るハス

このレシピを見る