Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

のんびりとした表情が愛らしい亀生き物

街中の公園にある池では、ひなたぼっこをする亀たちの姿をよくみかけます。
目にするのは外来種であるミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)が多いですが、中にはイシガメやクサガメなど在来種の姿も。
いずれにせよ、彼等も都会に住む身近な野生動物に変わりはありません。
姿さえ見つけることができれば、甲羅干しでのんびりとする亀は、比較的撮りやすい被写体といえます。彼等の愛らしい表情を捉えてみてください。

都内の公園、池にたくさんの亀を見かけます。居心地がよいのか、橋のたもとの石の上に亀たちが集まっている場所を発見。少し遠目の橋の上から望遠レンズを使い、亀たちの伸ばした首が構図的にバランスよくなるのを待ってシャッターを切りました。

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
焦点距離:500mm
絞り値:f/6.3
シャッタースピード:1/100秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:マニュアル
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-0.7段
フォーカスモード:AF-C
ISO感度設定:オート (ISO 1400)

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

高い光学性能とVR機構を搭載。気軽に超望遠撮影が楽しめるズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

橋の上から泳いでいる亀と目が合ったため、下から見上げた亀の愛らしい表情にフォーカスしました。

水面にポツンと突き出た木の枝に登った亀。周りの水面の波紋を入れて引き気味にフレーミングしてみました。

撮影・解説:二神 慎之介

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

カメラ目線のネコ

このレシピを見る

リラックスタイムのネコ

このレシピを見る

動物園の鳥

このレシピを見る

春の彩りと身近な小鳥

このレシピを見る

犬の表情にフォーカス

このレシピを見る

夏の使者、蝉

このレシピを見る