Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

緑の造形花・植物

芽吹きしたばかりの植物には、浅黄色の鮮やかさで爽やかな印象があります。この時期でないと撮れない被写体を求めて林や樹々の中に入り、緑陰の撮影を楽しんでみましょう。

林の中では大きく独特な形のヤツデの葉が目立ちます。レジャーシートを敷いて下から見上げると葉脈がくっきり見えるので、思い切った露出オーバー(+2.3)にして明るめの葉としています。
完全な逆光のシチュエーションで、下から上を見上げるように撮影。超広角レンズの画角の広さを最大限活用しました。

撮影時のポイント

  • 寝転んで下から上に向かって撮影
  • 露出オーバーを大胆に(+2.3)
  • 超広角レンズで周りの林の様子もあわせて表現
  • いつもカメラバッグにレジャーシートを入れておく

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
焦点距離:14mm
絞り値:f/8
シャッタースピード:1/50秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:スポット測光
露出補正:+2.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 800
その他使用機材:レジャーシート

おすすめ機材

広角ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

開放F値は明るい2.8で一定。極めて高い光学性能を実現したズームレンズです。撮像範囲の広いFXフォーマットで画面のすみずみまで高い描写力を発揮。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

上に向かって垂直に伸びたシダの葉を真横から狙います。葉の間から覗く太陽を入れワンポイントにしてみました。逆光状態になるため露出はオーバー(+2.0)にし、緑の葉を表現しています。

紅葉の葉はかわいらしいため、少し引いた画角で葉の数をたくさん入れて、ワイワイガヤガヤと賑やかな感じを表現してみました。思い切ったオーバー露出(+2)をしています。背景の木の幹のバランスを考えながら望遠レンズで切り取りました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春の花、サクラ

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

雨に映える草花

このレシピを見る

ひと工夫したサクラ

このレシピを見る

豪華なサクラ

このレシピを見る

春の光の中に伸びるチューリップ

このレシピを見る

葉とサクラのコンビネーション

このレシピを見る

初夏の花々を楽しむ

このレシピを見る