Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

水芭蕉花・植物

「夏が来れば思い出す…」の歌で有名な尾瀬は水芭蕉の原が広がります。一風変わった形の白い花が雪解けとともに一斉に湿地のそこかしこに咲き始める姿は、高原や谷間にも遅い春が来たことを実感させてくれます。

背の低い花ですから、木道に横になる位までカメラの高さを低くしています。傷などついていないきれいな花を選んで黄色い花序のしっかり見える位置から撮影しています。やや雲がある日の、太陽がトップライトの位置にあるタイミングに撮りました。

撮影時のポイント

  • たくさん咲いているところを選ぶ
  • 広角レンズで広い画角を確保
  • カメラの高さをできるだけ低く設定
  • 背景に山を入れて奥行きを演出

撮影情報

標準ズーム

使用レンズ
AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

FXフォーマット時、画角84°の広角域から望遠域までの、使用頻度の高い画角範囲をカバーする、約3.5倍標準ズームレンズです。

製品の情報はこちら

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
焦点距離:29mm
絞り値:f/9
シャッタースピード:1/500秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

この被写体の撮影バリエーション

夕日が山の端にかかる前に逆光の水芭蕉を狙います。若干の赤味が入り日中とは一味違った雰囲気を表現してみました。カメラの高さは地面に置くくらい低くしています。

気をつけて見たら葉に包まれるように小さな水芭蕉の花が咲いていました。ステージへの出番待ちという雰囲気です。中望遠レンズでボケ効果を狙うため、絞りはほぼ開放です。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春の花、サクラ

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

雨に映える草花

このレシピを見る