Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

両手で包んだような花、モクレン花・植物

両手で包んだような独特なモクレンの白い形は、徐々にさまざまな木が花を開いていくなかでひときわ目立ちます。花の期間が短く、ひとたび咲くと白い花弁がすぐに茶色くなってしまいますから、咲き始めを見たら早めに撮影に出かけましょう。

一気に蕾がふくらんでくる快晴の日の青い空には、白いモクレンが似合います。円偏光フィルターを併用して青空の反射を抑えています。大木でたくさん咲いていましたので、広角レンズを使って広く撮影しました。花木を見上げるように下から手持ちで撮っています。

撮影時のポイント

  • 広角レンズでたくさん咲いている様子を表現
  • 円偏光フィルターを使い、コントラストを上げた
  • 快晴のいい天気の日に撮影

撮影情報

標準レンズ

使用レンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

高い信頼性を誇る大口径標準ズームレンズ。高い解像力と優れた収差補正バランスを実現した、極めて高い描写性能を発揮するズームレンズです。

製品の情報はこちら

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:31mm
絞り値:f/7.1
シャッタースピード:1/400秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:円偏光フィルターII 77mm

この被写体の撮影バリエーション

白い花が顔を出す前の産毛に包まれた様子も被写体として魅力があります。逆光気味だとキラキラした産毛が目立ちますし、背景が暗い所で撮れるとより一層際立って写ります。望遠レンズのボケ効果を利用しました。

二輪だけ寄り添うように咲いているのが、ちょうど黒い木の幹の間から見えました。トンネル構図のようで視線を花に集中させるためには良かったと思います。
思い切ったマイナス補正(-2.3)をしないとモクレンが白く飛んでしまうので注意が必要です。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春の花、サクラ

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る