Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

梅林風景花・植物風景

咲き始めた梅林の間をそぞろ歩き、花を見、香りを嗅いでベンチなどに座ってお弁当を広げてみませんか。
咲いている期間の長い梅の姿をじっくり撮ることができる季節です。お弁当とカメラを両方持参して、暖かくなった外へ出かけましょう。

梅林の斜面の中で梅の木の形や並びが良さそうな所を望遠レンズで切り取っています。
くもった日の光が強くないタイミングに、人が入らない瞬間を狙って手持ちで撮影しました。
春の暖かさやほんわかした空気感を表現するため、カメラの中の画像編集でソフトフィルターをかけています。

撮影時のポイント

  • ホワイトバランスを4760Kにして少し青味を付加
  • 手持ち撮影で手ブレを防ぐためISOを1000に設定
  • 画像編集でソフトフィルターをかける
  • 露出補正は+0.7で少し明るめに撮影

撮影情報

標準レンズ

使用レンズ
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

FXフォーマット時、画角84°の広角域から望遠域までの画角範囲をカバーする5倍標準ズームレンズ。

製品の情報はこちら

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
焦点距離:120mm
絞り値:f/7.1
シャッタースピード: 1/160秒
ホワイトバランス:色温度(4760K)
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.7段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 1000

この被写体の撮影バリエーション

快晴の青空と白梅との組み合わせです。青空の強調のために円偏光フィルターを使用しています。
両面3分の2に満開の梅を配して、左奥に別の梅の木を入れ、強弱と奥行き感を出してみました。

紅梅、白梅とも満開でしたので、紅白半々の構図にしてみました。望遠レンズのボケ効果で紅梅を少しぼかしています。ピクチャーコントロールを「風景」に設定してやや鮮やかな梅にしています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

夜を彩るイルミネーションを残す

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

冬に咲く椿

このレシピを見る

神々しい御来光

このレシピを見る

冬の寒さのなか、雪景色を撮る

このレシピを見る

透明感のある氷

このレシピを見る

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春を呼ぶ水仙

このレシピを見る

美しい朝日、夕日の風景

このレシピを見る

春の到来を告げる福寿草

このレシピを見る

イルミネーションを大きく切り取る

このレシピを見る

ホワイトバランスでイルミネーション風景を撮り分ける

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る