Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

早春の花々花・植物

次々と春の花が咲いてくる時期。吹く風がまだ冷たく気温が低めでも、光の強さと暖かさの中、駆け足で季節は変わっています。マンサク、サンシュ、ロウバイなど黄色い花の中で、ボケの赤は目立ちます。光の春は色の春へと移ります。

まるで照明に灯が入ったように見えるよう、逆光気味の透過光がポイントになるロウバイです。光線があり青空という天候での撮影が最適です。枝ぶりの入れ方やバランスにも気をつけて撮影しましょう。やや見上げる感じで、手持ちで撮影しました。

撮影時のポイント

  • 望遠レンズでのボケ効果狙いであまり絞らない
  • 逆光で花の透明度を演出
  • ホワイトバランスを変更(4760K)し、全体に少し青味を追加

撮影情報

望遠ズーム

使用レンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

ブレ軽減効果が極めて高いVR機構(手ブレ補正効果4.0段※CIPA規格準拠)を搭載しています。最短撮影距離1.0m、最大撮影倍率1/3.6倍でクローズアップ撮影にも威力を発揮します。

製品の情報はこちら

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
焦点距離:160mm
絞り値:f/5
シャッタースピード:1/3200秒
ホワイトバランス:色温度(4760K)
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

この被写体の撮影バリエーション

春先は、小さな花が多いように感じます。その小ささゆえ、数で見せるような咲き方をするのでしょうか。混んだ枝の間に小さく咲くボケの花を少しでも目立つよう、望遠レンズで引きつけて開放気味の絞りで撮影しました。ボケ効果も狙っています。

暖かそうな衣装をまとったようなネコヤナギに、春の日差しが注いでいます。川沿いに咲くネコヤナギを少し大きく扱って、背景の水のきらめきを丸ボケにして変化をつけてみました。望遠レンズですからボケも大きくなります。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

冬に咲く椿

このレシピを見る

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春を呼ぶ水仙

このレシピを見る

春の到来を告げる福寿草

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

雨に映える草花

このレシピを見る