Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

冬の鳥を望遠レンズで捉える生き物

野生動物の撮影をするには大がかりな遠征や装備が必要なイメージが強いと思いますが、実は市街地近郊でも気軽に撮れるもの。
野鳥は最も身近な野生動物のひとつで、望遠レンズが一本あれば撮影は始められます。
ムクドリやミヤマカケスの写真、また水辺などのシチュエーションで撮ったアオサギなどを見て動物撮影をやってみたい!と思っている方は、はじめの一歩を踏み出してみませんか。

コンクリートに護岸された都内の河川。河岸は桜並木。木々の葉が落ちた季節は枝の合間にとまったり、飛び交ったりする野鳥が見つけやすいのです。
ムクドリがとまっているのを見つけたのでそっと近づき、覗くようにしてシャッターを切りました。枝が被写体に被らないように、こちらが歩いて良いアングルを探すのがコツです。どうしても避けられない場合は、枝が被るのを体だけにとどめるよう注意します。
都会でもよく見かける鳥ですが、望遠レンズを通して見ると、とても愛らしい顔をしているように思えるカットです。

撮影時のポイント

  • 手持ちで、構えすぎず気楽に撮影
  • 軽量の望遠ズームでフットワークを軽くし、歩いて野鳥を探す
  • シャッタースピード優先モードで1/320秒に固定(望遠レンズの扱いに慣れていない方はもう少し速く設定)
  • 手前の枝などにピントが合ってしまうことが多いため、AF-Cモード、AF-ONボタンを使いピントを固定してから構図を決定
  • 絞りはなるべく明るくして枝をぼかす

撮影情報

望遠ズーム

使用レンズ
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

焦点距離80mmから400mmまでの広い望遠域をカバーする、5倍望遠ズームレンズです。

製品の情報はこちら

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
焦点距離:400mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/320秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:シャッター優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-0.3段
フォーカスモード:AF-C
ISO感度設定:オート(ISO 400)

この被写体の撮影バリエーション

凍結した湖畔の枝にとまったミヤマカケスを、枝の間から狙いました。白い地面に反射した陽光が、天然のレフ板効果となって、ふわっとした小鳥の身体を下から照らし、愛らしさが増しています。

入り江のようなところですが、湖畔などでも応用可能。
逆光気味の夕焼けに照らされた水面を背景に被写体をシルエットで捉え、幻想的な雰囲気に。アオサギも市街地でも見られる身近な鳥です。

撮影・解説:二神 慎之介

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

表情豊かなサルを撮る

このレシピを見る

冬の使者、白鳥を追いかける

このレシピを見る

カメラ目線のネコ

このレシピを見る

リラックスタイムのネコ

このレシピを見る

動物園の鳥

このレシピを見る

雪景色の中のスズメ

このレシピを見る