Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

イルミネーションを大きく切り取る風景

冬は全国さまざまな場所でイルミネーションの点灯が行われます。あまりの美しさに、どうやって撮影をしたらよいのか悩んでしまいがち。そんな美しいイルミネーションを風景として捉えるときは、視点(カメラアングル)が大切なポイントになります。

美しいイルミネーションの全体を高い所から撮影してみると、地上から見た印象とは大きく異なり、1つの風景としてその美しさを捉えることができます。建物などの高所から撮影をする場合、三脚の使用が禁止されているケースが多いため、明るい単焦点レンズを使用します。その場合、手持ち撮影となるためISO感度を上げて撮影しましょう。手すりや壁があれば、体や腕を支えることで手ブレの軽減が可能です。

撮影時のポイント

  • 俯瞰で撮影できるポイントの探索(その場所から撮影しても良いか、三脚を使用しても良いかも確認)
  • 手ブレを防ぐためISO感度を上げて対応
  • 明るい単焦点レンズを使用

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
焦点距離:35mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/60秒
ホワイトバランス:オート
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:オート(ISO 3200)

おすすめ機材

単焦点

おすすめのレンズ
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

ニコンDX フォーマットで標準となる画角44°の、単焦点レンズならではの高い描写性能を実現したレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

水面に映り込んだイルミネーションを撮影しています。カメラは目線よりも少し低くして、手前にあるイルミネーションの点光源を入れることで、さらに華やかさを増すことができました。

ライトアップされた遊園地の乗り物と背景にある高い建物のイルミネーションを一緒に撮影しています。カメラを上に向けて撮影することで、高さが強調されるだけでなく奥行き感も感じられる作品となりました。

撮影・解説:斎藤 勝則

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

夜を彩るイルミネーションを残す

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

神々しい御来光

このレシピを見る

冬の寒さのなか、雪景色を撮る

このレシピを見る

透明感のある氷

このレシピを見る

美しい朝日、夕日の風景

このレシピを見る

ホワイトバランスでイルミネーション風景を撮り分ける

このレシピを見る