Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

夜の情景風景

青い照明で深海のような世界が広がる橋の下の回廊。窓の外には美しい夜景が見えます。「青い回廊」とタイトルをつけたくなるような作品になりました。

回廊という狭い場所を広く見せるためと、パンフォーカスにするために広角レンズを使っています。奥行きを出すために回廊がS字状になるポジションから俯瞰気味のアングルで撮影しました。ピントは夜景の中でひときわ目立つコントラストのあるビルに合せています。

撮影時のポイント

  • 背景のビル群の色を入れ、この場所がブルー一色の世界であることを表現
  • 画面右下の手すりの輝きをアクセントにして画面を調整
  • ホワイトバランスは「晴天」で、-1.5の思い切った露出補正をし青みを強調
  • 12-24mmレンズの13mm側でf/22まで絞り込んでパンフォーカス
  • 人物をぶらし、夜景を入れて夜の雰囲気を盛り上げる

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-ED
焦点距離:13mm
絞り値:f/22
シャッタースピード:3秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-1.5段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

広角ズーム

おすすめのレンズ
AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-ED

広い室内や大きな建造物の外観、広大な風景も、ワイドな画角で存分に写し込める、自然な描写の超広角ズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

造形美を狙うには橋を大きく撮りますが、周りの環境を入れることでスケール感が醸し出されます。f/22まで絞り込んだことでパンフォーカスの画面になっています。露光時間は30秒。海面が雲海のように滑らかになり、背景の街の夜景まで写り込んで臨場感溢れる作品になっています。右下の街灯も良いアクセントに。

雨の中、埠頭にはライトアップされた客船が停泊しています。煙突からは煙も出て出航が近いことを示しています。手前に光のオブジェを配置し、右上にライトアップされた港、左側には客船を配置してバランスを整えています。雨で霞んだようになった港と客船が「旅情」のムードを盛り上げています。

撮影・解説:柿本 完二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

山並みを埋める雲海を撮る

このレシピを見る

日本の原風景、里山で秋を見つける

このレシピを見る

秋空に浮かぶ雲をドラマチックに見せる

このレシピを見る

紅葉のある秋の風景

このレシピを見る

夜を彩るイルミネーションを残す

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

美しい朝日、夕日の風景

このレシピを見る

イルミネーションを大きく切り取る

このレシピを見る

ホワイトバランスでイルミネーション風景を撮り分ける

このレシピを見る

コスモスのある秋風景

このレシピを見る

アートな光景

このレシピを見る

華やかな紅葉

このレシピを見る

雲と山の造形

このレシピを見る

冬のシルエット

このレシピを見る

厳寒の造形

このレシピを見る

雪面の造形

このレシピを見る

ダイナミックに変わる夕景の色

このレシピを見る