Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

光で遊ぶ風景

不夜城のようにライトで溢れるビル群。未来に向かい発展していく姿と、爆発しそうなエネルギーが溢れる印象を表現するため、露光間ズーム撮影をしています。

桟橋上部はブルーの照明に照らされ、立ち並ぶビル群は蛍光灯やLEDで光り輝き、まるで未来都市のような印象を受ける風景です。露光間ズームでビル群の光は直線に、手前の手すりは曲線になるよう、ポジションとカメラアングルを決めました。ブルーの光とビル群の光量もポイントです。作品上部、ビル群の手前には露光間ズームによる水の流れも映し出すことができました。

撮影時のポイント

  • 夜景とはいえ風景写真なためパンフォーカスが基本
  • 超広角レンズ(16-35mmの16mm側)でf/13まで絞り込んで撮影
  • 最もコントラストのある背景のビル群にピントを合わせる
  • シャッタースピードは10秒
  • 静止している画像と光の長さがポイントなため、広角側で5秒静止し5秒後に16mmから35mmへズームアップ

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
焦点距離:16mm
絞り値:f/13
シャッタースピード:10秒
ホワイトバランス:白色蛍光灯
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:0段
フォーカスモード:マニュアル(M)
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

広角ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

FXフォーマット時、画角107°の超広角域から63°の標準的な広角域まで、広い画角範囲をカバーする超広角ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

広角側から望遠側まで含むズームレンズは、広角側と望遠側とではピント位置が違うことがあります。望遠側のAFで観覧車にピントを合わせた後、レンズのAFをMマニュアルにして広角側に戻します。シャッターを切って、3秒静止・ズームアップ・3秒静止・ズームアップを繰り返すことで、直線に伸びる光に光点が出来、変化のある露光間ズームになりました。三脚を使用しています。

暗い夜空に浮かび上がる夜景は美しく感動を覚えます。この作品は、露光中に5秒静止後カメラを左右に動かして撮りました。静止時間に違いがあるとビルの明るさが変わってくるため、撮った画像をその場で見て明るさをチェックします。ビルと観覧車がバランスよく入るようにするのがコツです。

撮影・解説:柿本 完二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

山並みを埋める雲海を撮る

このレシピを見る

日本の原風景、里山で秋を見つける

このレシピを見る

秋空に浮かぶ雲をドラマチックに見せる

このレシピを見る

紅葉のある秋の風景

このレシピを見る

夜を彩るイルミネーションを残す

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

美しい朝日、夕日の風景

このレシピを見る

イルミネーションを大きく切り取る

このレシピを見る

ホワイトバランスでイルミネーション風景を撮り分ける

このレシピを見る

コスモスのある秋風景

このレシピを見る

アートな光景

このレシピを見る

華やかな紅葉

このレシピを見る

雲と山の造形

このレシピを見る

冬のシルエット

このレシピを見る

厳寒の造形

このレシピを見る