Nikon Imaging
Japan

サザンカの秋花・植物

少しずつ咲く花の数が少なくなってくる秋。そんな中で、サザンカは豪華さと静謐な様子を同時に感じさせてくれます。

華やかな紅葉に目を奪われがちですが、すぐ手前にひっそりと咲くサザンカもまた良いものです。紅葉に負けないくらいにピンクの花が印象的でしたから、中望遠レンズで引き寄せてみました。カメラは手持ちで撮影しています。

撮影時のポイント

  • 中望遠レンズの切り取りとボケ効果
  • 逆光だったため、思い切ったプラス(+1.7)の露出補正
  • サザンカの花の位置を左に寄せて、右側の空間の広がりを演出
  • ブレを防止するため、ISO感度を400に設定

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
焦点距離:85mm
絞り値:f/7.1
シャッタースピード:1/60秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+1.7段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

標準ズーム

おすすめのレンズ
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

DXレンズ初のナノクリスタルコートやフッ素コート、電磁絞り機構を採用。高度な仕様を備えた高性能なレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

サザンカの木の下から中に入り込み、背景が明るい緑の草になるような花と、ちょうど光の当たった一輪を同時に狙いました。光の当たった花芯の部分が飛ばないよう、マイナス(-0.3)の露出補正をしています。

上からサザンカの花を見下ろす角度で、花弁が散り絨毯のように敷かれた様子を背景にしました。標準レンズの広角側32mmで花に近づき、広角接写的に撮影。絞りを開け気味にして背景のぼかしを大きくしています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

秋空の下、かわいいコスモスを撮る

このレシピを見る

彼岸花をいろいろ撮り分ける

このレシピを見る

澄んだ秋の光の中で、ススキを撮影

このレシピを見る

秋バラの美しさを残す

このレシピを見る

色彩の変化に富む紅葉

このレシピを見る

柿のある秋風景

このレシピを見る

晩秋の落葉

このレシピを見る

落葉の木々で晩秋を表現

このレシピを見る