Nikon Imaging
Japan

水際の秋風景

色づく葉と水を絡めてみると、一味違った秋の風景になります。できるだけ風のない日を選んで、写り込みを大いに利用してみましょう。

人造のダム湖で朝一番の渡し船に乗り、出会えたのは静寂の水面。無風の水面の写り込みにワクワクしました。快晴の天候も味方してくれています。太陽が10時の位置にあるタイミングに、船上の先端に近いところから手持ちで撮影しました。

撮影時のポイント

  • 円偏光フィルターでコントラストを演出
  • 標準ズームレンズの広角側24mmで広がりと奥行き感を表現
  • 露出補正マイナス(-1.0)で色の深みを出した

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
焦点距離:24mm
絞り値:f/6.3
シャッタースピード:1/160秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-1.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:円偏光フィルターII 72mm

おすすめ機材

標準ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

FXフォーマット時、画角84°の広角域から望遠域までの、使用頻度の高い画角範囲をカバーする、約3.5倍標準ズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

立ち枯れの木々に朝日が差し始め、光によりメリハリがつき色表現が忠実になりました。気温が上がってきて、微風により水面のさざ波が出始めたところを撮影しました。

水面に出ている岩にピントを合わせ、対岸の紅葉しているケヤキの写り込みを狙いました。風景を大きく捉えるだけでなく視点を変えながら小さい世界を探してみることで、作品作りにバリエーションを加えてみましょう。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

山並みを埋める雲海を撮る

このレシピを見る

日本の原風景、里山で秋を見つける

このレシピを見る

秋空に浮かぶ雲をドラマチックに見せる

このレシピを見る

紅葉のある秋の風景

このレシピを見る

夜を彩るイルミネーションを残す

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

コスモスのある秋風景

このレシピを見る

アートな光景

このレシピを見る

華やかな紅葉

このレシピを見る

雲と山の造形

このレシピを見る

広大な自然の秋風景

このレシピを見る

ダイナミックに秋を切り取る

このレシピを見る