Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

夏の花、ハイビスカス花・植物

真っ赤なハイビスカスは夏を代表する色鮮やかな花で、夏に海外や国内のビーチリゾートへ行くとよく咲いています。主役のハイビスカスをさまざまなアングルから狙うことで、南国の雰囲気を強調しつつ作品にバリエーションをもたせることができました。

南の島独特の抜けるような青空を背景にすることで、真っ赤なハイビスカスを強調し、南国のイメージを持たせた作品にしました。花の位置を画面の中心から少しずらし右側に間を取ることで、安定感のある洒落た構図になります。ハイビスカスのように色鮮やかな花を雲ひとつない快晴のなか撮影すると、露出オーバーにより色飽和を起こし花びらのディテールが失われてしまうことがあるため注意が必要です。

撮影時のポイント

  • レンズは望遠側を使って背景をぼかす
  • ハイビスカスは画面の中心からはずし、左右のいずれかに間を確保
  • コントラストが強いため、花びらのディテールを失わないよう露出オーバーに注意(ピクチャーコントロールの[ニュートラル]設定で防ぐことも可能)

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
焦点距離:60mm
絞り値:f/8
シャッタースピード:1/250秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.7段
フォーカスモード:AF-C
ISO感度設定:ISO 100

おすすめ機材

標準ズーム

おすすめのレンズ
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

DXレンズ初のナノクリスタルコートやフッ素コート、電磁絞り機構を採用。高度な仕様を備えた高性能なレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

レンズの向きを空から少し下げることで背景に植物の葉が入り、南国の雰囲気を作り出しています。青空が背景の作品を撮影したものと同じレンズを使用し、ここでもピクチャーコントロールは[ニュートラル]に設定しました。

さらにアングルを変更し、上から見下ろすような向きから撮影した作品です。背景が灰色に近い地味な色合いなため、赤いハイビスカスが強調されます。珊瑚のかけらで作られた塀が不思議な模様となり、これまでとは違った雰囲気の作品となりました。

撮影・解説:斎藤 勝則

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

アジサイのある風景

このレシピを見る

アジサイの造形を楽しむ

このレシピを見る

初夏のユリ

このレシピを見る

夏に似合うヒマワリ

このレシピを見る

花菖蒲、咲く

このレシピを見る

視点を変えてハスを撮る

このレシピを見る

水辺を彩るハス

このレシピを見る

アジサイ三様

このレシピを見る

水滴をいかす

このレシピを見る

夏の一輪の花

このレシピを見る