Nikon Imaging
Japan

水滴をいかす花・植物

撮影に雨はやっかいですが、木々や花についた水滴はかわいらしく、とてもいい被写体です。余分なものを入れず、ポイントを絞ってまとめてみましょう。

どうしてこんな所に、こんな形で水滴がついているのか不思議な感じです。自然の妙でしょう。やや逆光気味の条件で水滴が光り、かわいらしい光景を見せてくれた初夏の朝でした。シャープな縦線が効果的です。

撮影時のポイント

  • 水滴を大きめに捉えるため、中望遠のマイクロレンズを使用
  • マイクロレンズで寄ったことで背景ボケを大きく演出
  • 水滴が光るやや逆光気味の光線
  • 爽やかさを感じられるよう、露出をオーバー(+1.0段)気味に設定

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
焦点距離:105mm
絞り値:f/6.3
シャッタースピード:1/500秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+1.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

マイクロレンズ

おすすめのレンズ
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

細部までシャープに再現しながら硬質なだけではない味わいのある描写が、クローズアップ撮影はもちろん、105mmの焦点距離を活かしたポートレート撮影にもピッタリです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

水草の曲線の美しさを捉えました。ホワイトバランスを4760Kにして、やや青味を加えています。葉の上の水滴はあまり目立ちませんが日が差して光ってくると、また違った印象になるでしょう。

ボタンの葉の曲がり具合は、葉そのものの重さのせいか、はたまた水滴の重さのせいでしょうか。この曲がった様子が、光った水滴と光らない水滴のコラボレーションを面白く演出しています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

アジサイのある風景

このレシピを見る

アジサイの造形を楽しむ

このレシピを見る

初夏のユリ

このレシピを見る

夏に似合うヒマワリ

このレシピを見る

花菖蒲、咲く

このレシピを見る

視点を変えてハスを撮る

このレシピを見る

水辺を彩るハス

このレシピを見る

アジサイ三様

このレシピを見る

夏の花、ハイビスカス

このレシピを見る

夏の一輪の花

このレシピを見る