Nikon Imaging
Japan

初夏の花々を楽しむ花・植物

梅からサクラへと季節は移りましたが、初夏にかけてひっそりと咲く花々もあります。サクラのような豪華さはありませんが、それぞれに個性があり、美しい被写体です。初夏のすがすがしい風の中、撮影に出かけてみませんか。

被写体としては光が当たっている花を選びがちですが、今回はあえて背景を明るい場所で光が当たっていないハルジオンをメインに選び、思い切って露出オーバー(+1.7段)にして撮ってみました。しっとりとした中に初夏の光が感じられるような気がします。
花の近くで腰を下ろし、カメラは手持ちで花の高さくらいに構えて撮影しました。

撮影時のポイント

  • 日陰の花を選択
  • 背景が明るめなので、露出オーバーにして撮影
  • 単焦点(50mm)レンズでのボケの美しさを意識

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
焦点距離:50mm
絞り値:f/2.5
シャッタースピード:1/640秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+1.7段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

単焦点

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

手軽にカメラボディーと一緒に持ち歩け、背景のボケを活かせる明るい単焦点レンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

背景に広がるポピー畑から一輪だけ離れた所に咲いている花を見つけました。標準レンズのやや広角側で近づいて撮影しています。寄ったことで背景がほどよくボケて美しい作品に仕上がりました。

ちょうど花の一部に光が差した瞬間です。望遠レンズのボケ効果で、主役のシャクナゲを強調して撮影しました。絞り開放で背景の丸ボケもうまく演出されています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春の花、サクラ

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

ひと工夫したサクラ

このレシピを見る

豪華なサクラ

このレシピを見る

春の光の中に伸びるチューリップ

このレシピを見る

葉とサクラのコンビネーション

このレシピを見る