Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

葉とサクラのコンビネーション花・植物

花のピークをやや越えてしまったサクラでも、葉と組み合わせることで魅力的な被写体になります。最盛期とはちょっと違った、ホッと一息ついたようなサクラを表現できます。

枝先に最後まで残っていたサクラの花は、風でも吹けば散ってしまいそうです。波のない鏡のような深い青の水面をバックに、サクラの一枝を緑の葉と組み合わせてみました。
日陰での撮影でしたので、全体に少し青みが強くなっています。水面をやや上から見下ろし、手持ちで撮影しました。

撮影時のポイント

  • 花と葉がきれいに見える一枝を見つける
  • 背景にブルーの色が来るようにカメラ位置を設定
  • ブルーの色のグラデーション具合に配慮

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:50mm
絞り値:f/4.5
シャッタースピード:1/200秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+0.3段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

標準レンズ

使用レンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

高い解像力と優れた収差補正バランスを実現した、極めて高い描写性能を発揮するズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

枝先に伸びた黄緑色の葉がアクセントです。逆光のため思い切った2.7段のプラス補正で花の色を出しながら、背景の花と同系色のボケのやわらかさを意識しています。

サクラの花と伸び始めた新しい葉に光が当たっていました。黒い日陰を背景にしたことで花が強調されています。望遠レンズでのボケの効果も考えています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

春の訪れを告げる梅

このレシピを見る

早春の水仙

このレシピを見る

春の花、サクラ

このレシピを見る

カラフルなチューリップ

このレシピを見る

ツツジ咲く頃

このレシピを見る

慎ましい美しさのフジの花

このレシピを見る

ポピーのある光景

このレシピを見る

早春の花々

このレシピを見る

両手で包んだような花、モクレン

このレシピを見る

黄色い海を思わせる菜の花

このレシピを見る

川辺のサクラ

このレシピを見る

青い妖精、ネモフィラ

このレシピを見る

ひと工夫したサクラ

このレシピを見る

豪華なサクラ

このレシピを見る

春の光の中に伸びるチューリップ

このレシピを見る