Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

アートな光景風景スナップ

風景の中に、何かリズムのようなものを感じたり、シンメトリーな構図を見つけたときは、ちょっとアーティスティックな作品にしてみましょう。風景写真とスナップの架け橋のような位置づけかもしれません。表現の仕方はいろいろです。

緑の牧草地に点々と見える白いビニール袋を被ったロール群は、眺めているとアート作品として意図的に置かれているようにも見えます。f/10まで絞ったシャープなピントと、円偏光フィルターを併用してコントラストを上げ、すっきりとした秋の雰囲気も写し取りました。やや右上から太陽光のある時間帯に、牧草地には入らず土手からカメラを手持ちし撮影しました。

撮影時のポイント

  • 快晴の青空、白いロール、緑の草原の3色のバランスを考える
  • 絞ったシャープなピント
  • 円偏光フィルターを使って反射を抑えたコントラストの効いた画面
  • 青空(牧草地)の分量

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:55mm
絞り値:f/10
シャッタースピード:1/200秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正: 0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:円偏光フィルターII 77mm

おすすめ機材

標準レンズ

使用レンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

高い信頼性を誇る大口径標準ズームレンズ。高い解像力と優れた収差補正バランスを実現した、極めて高い描写性能を発揮するズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

街の夕景の中、ビル群の四角いシルエットが美しい一枚。夕焼けの橙色の中で、直線とデコボコが街の混沌さを象徴しているようにも見えてきます。ワンポイントの一片の雲がよい感じです。

前景の木々のシルエットに挟まれたような月が、まるで人為的に貼り付けたように思えます。レンズにテレコンバーターAF-S TELECONVERTER TC-20E IIIをつけ400mmにして月を大きく撮りました。色温度を調節(4700K)してやや青味を増しています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

山並みを埋める雲海を撮る

このレシピを見る

日本の原風景、里山で秋を見つける

このレシピを見る

秋空に浮かぶ雲をドラマチックに見せる

このレシピを見る

澄んだ空気の中で秋祭りを撮る

このレシピを見る

紅葉のある秋の風景

このレシピを見る

夜を彩るイルミネーションを残す

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

大胆な構図でインパクトのあるスナップ

このレシピを見る

旅先での街角スナップ

このレシピを見る

古民家の趣

このレシピを見る

空をキャンバスに見立てる

このレシピを見る

湖面を彩る木々

このレシピを見る

コスモスのある秋風景

このレシピを見る

華やかな紅葉

このレシピを見る

雲と山の造形

このレシピを見る