Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

コスモスのある秋風景風景

秋の花と言えば、コスモスの可憐な姿が思い浮かびます。青空に伸び上がるように立つ様子や、涼しい風に吹かれる様子も絵になりますし、撮影の時間帯を朝、昼、夕方、と変えてみるとそれぞれ違った印象の写真になるでしょう。

早朝、風のない湖の水面にはやわらかい色合いの光が写り込んでいました。冷え込んだ分、うっすらともやもかかっています。まだ太陽が顔を出す寸前の薄曇りの時間帯。逆光の状況下でやや多めの露出補正をし、コスモスのピンク色を出しました。

撮影時のポイント

  • 赤味を少し強調するためホワイトバランスは曇天に設定
  • 早朝のやわらかい色合いの時間帯を選択
  • 露出補正プラス(+1.7)で花の色を演出
  • 手持ちでカメラの高さを調整し湖の分量を決める

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
焦点距離:31mm
絞り値:f/8
シャッタースピード:1/160秒
ホワイトバランス:曇天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:+1.7段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400

おすすめ機材

標準レンズ

使用レンズ
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

高い信頼性を誇る大口径標準ズームレンズ。高い解像力と優れた収差補正バランスを実現した、極めて高い描写性能を発揮するズームレンズです。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

空の焼け具合が弱かったので、水面の反射と色合いを背景にするため、カメラを少し下向きにし70mmの中望遠のレンズを選びました。コスモスの花があまり重なっていない所を見つけて、露出は+1.7に補正し、曇天のホワイトバランスでやや赤味を強調しています。

カメラの高さを低くし、後ろに茅葺きの家や青空や雲を入れてみました。4つのコスモスの花の並びのよさそうな所を探して撮影。背景のボケ具合の違いは、絞り値(F値)を考えて設定しています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

山並みを埋める雲海を撮る

このレシピを見る

日本の原風景、里山で秋を見つける

このレシピを見る

秋空に浮かぶ雲をドラマチックに見せる

このレシピを見る

紅葉のある秋の風景

このレシピを見る

夜を彩るイルミネーションを残す

このレシピを見る

日本一の富士山

このレシピを見る

アートな光景

このレシピを見る

華やかな紅葉

このレシピを見る

雲と山の造形

このレシピを見る