Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

湖面を彩る木々スナップ

上高地の大正池に代表される、水中から顔を出している切り株や立ち枯れの木々に、注目が集まっています。空や山のさまざまな表情と共に、望遠系のレンズで切り取ってみましょう。

早朝の水面は風もなく鏡のような写り込みが見られます。太陽はまだ山から顔を出していないため、直接的な光はない時間帯に撮影しました。
切り株から次の世代の幼木が育っている姿に自然のたくましさを感じます。色づき始めた対岸の紅葉を意識した画面構成にしてみました。三脚はあまり伸ばさず、やや低い位置から捉えています。

撮影時のポイント

  • メインの幼木にピントを合わせシャープに
  • 望遠レンズで切り株と幼木を切り取る
  • 色つきの赤を背景に入れ季節感を演出

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
焦点距離:200mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/20秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:マルチパターン測光
露出補正:-1.0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 1600
その他使用機材:三脚

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

高い光学性能とVR機構を搭載。気軽に超望遠撮影が楽しめるズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

日の出前の水面から立ち枯れの木々が立ち並び、やや不気味な静寂さを感じます。ホワイトバランスを4760Kに調整して、少し青味を加え撮影しました。
冷たさや静かさの強調するための手段です。

上の写真を撮影してから30分ほど経過し、ひんやりとした青味からは対照的に緑や茶色、オレンジなど自然が持つそのものの色合いになりました。水面に波がない中、完全なシンメトリーの立ち枯れを狙ってみました。立ち枯れの木々の並びのきれいな所を選んで撮影しています。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

澄んだ空気の中で秋祭りを撮る

このレシピを見る

大胆な構図でインパクトのあるスナップ

このレシピを見る

旅先での街角スナップ

このレシピを見る

古民家の趣

このレシピを見る

空をキャンバスに見立てる

このレシピを見る

アートな光景

このレシピを見る