Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

空をキャンバスに見立てるスナップ

空と雲は相性がよいのですが、その他に何かしらワンポイントを加えると、またひと味違った写真になります。視点を少し変えた組み合わせはいかがでしょうか。

音符のようにカモメが並んで電線に止まっていました。右上の方に強すぎない太陽があった午前中、ちょうど形よく雲がポカンと浮かんでおり絵になっていたためシャッターを切りました。カモメがあまり大きくならない程度に中望遠のレンズを選んでいます。下方からやや見上げるようにカメラは手持ちして撮影しました。

撮影時のポイント

  • カモメと雲のバランスを考えた中望遠程度(110mm)のレンズ
  • カモメと雲の位置
  • 円偏光フィルターで青空の反射を抑制
  • ピクチャーコントロールを「風景」にしてやや彩度を追加

撮影情報

撮影データ・使用機材

レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離:110mm
絞り値:f/6.3
シャッタースピード:1/800秒
ホワイトバランス:晴天
露出モード:絞り優先オート
測光モード:スポット測光
露出補正: 0段
フォーカスモード:AF-S
ISO感度設定:ISO 400
その他使用機材:円偏光フィルターII 77mm

おすすめ機材

望遠ズーム

おすすめのレンズ
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

機動性と優れた光学性能を高次元で両立した開放F値2.8一定の大口径望遠ズームレンズ。

製品の情報はこちら

この被写体の撮影バリエーション

予測できない変幻自在の雲に適度な大小の変化を発見。そんな雲が楽しい空と駆け上がるような面白いジョギング姿のオブジェとを組み合わせて撮影しました。色の変化もフォトジェニックでした。

夕暮れ近い曇り空の中、夕日の明るさがV字形に伸びてきて表情が変わってきたタイミング。1本の木のシルエットをちょうどV字形真ん中に配置してシンメトリーになるよう撮ってみました。

撮影・解説:芳賀 健二

同じカテゴリーの「撮り方」レシピ

ホワイトバランスで遊ぶスナップ写真

このレシピを見る

影をいかした夏スナップ

このレシピを見る

大胆な構図でインパクトのあるスナップ

このレシピを見る

旅先での街角スナップ

このレシピを見る

湖面を彩る木々

このレシピを見る

アートな光景

このレシピを見る