Nikon Imaging
Japan
At the heart of the image.

軌跡

今、活躍する注目の写真家たちの作品に対する思いなどを美しい作品とともにご堪能いただくコンテンツです。

田口 るり子

まるでモノクロームで撮影された山並みや砂漠のような光景。なだらかな女性のボディラインの一部を切り取って風景にみたてた作品「MONO SCAPE」を通し、田口氏の写真表現に対する思いをうかがいます。

ギャラリーを見る

バックナンバーについて
2016年3月以前の作家ギャラリーページは、別ウィンドで表示されます。

2016

志賀 由佳

ドキュメンタリーとしてのスポーツ写真を志す志賀氏。練習風景からみえるラグビーの魅力と作品に込めた思いを語っていただきました。

原久路 and 林ナツミ

写真家ユニットと少女たちとのコラボレーションによって生まれたシリーズ作品。

山下 大祐

撮影時にひらめいたこと、自分の視点の表現方法を考え、作り込んで撮る。さまざまな手法で表現された鉄道写真の世界をお楽しみください。

二神 慎之介

「森のヒグマの素顔」を撮り続ける中で出会った自然や小動物などそこに生きる風景に想像力かきたてられる作品の数々をお楽しみください。

栗栖 誠紀

写真に「間」や「余白」を作り、見る人の気持ちがその余白にグッと入って いく、そんな感覚を写真で表現したいのだと語る栗栖氏の世界をお楽しみください。

熊切 大輔

人と身近な街をテーマにスナップ作品を手がけてきた熊切氏。時代を切り取るスナップ写真に寄せるその思いを作品から感じてみてください。

2015

藤村 大介

ライフワークとして夜景を四半世紀にわたり撮影してきた藤村氏は、ここ数年でとりたい写真が変化したという。夜景にこめた思いとは…

西村 優子

「誰しもが“特別な日常”を生きている」。そんな想いをテーマにニューヨークとボストンへの1人旅で撮影された写真から編まれた作品集をお楽しみください。

浅水 浩二

子どものころに鉄道に魅せられて以来、旅人の目線で鉄道写真を撮り続けている浅水氏。旅情感と懐かしさを感じるような作品をセレクトしてご紹介します。

山形 豪

アフリカの自然と動物たちを愛する山形氏が、写真家として彼らを撮る理由とは。南アフリカとボツワナで撮影した迫力ある動物達の姿を捉えた作品です。

藤岡 亜弥

写真集「私は眠らない」で発表した作品をメインにセレクトした藤岡氏の代表作といえる作品。自身の田舎と家族を通して自分自身を考える作業の結晶です。

山口 規子

世界中を旅しながら撮ってきた作品の中から国ごとの“光”の違いを表現した本作。その国でしか見ることができない景色と光を捉えた作品をお楽しみください。

2014

フォトグラファー ハル

見る人に強烈なインパクトを残すくっつくカップル。“お互いが引き寄せ合うパワー”を表現した氏独特の世界観の作品集です。

スエイシ ナオヨシ

2014年のサッカーワールドカップの際にブラジルで撮影された作品集。フィーリングのままに被写体を選び、考え抜いたフレーミングで切り取る作者の撮影テーマとは。

林 典子

「ニュースにならない人々の物語」を精力的に取材している話題のフォトジャーナリスト。少女の日常をとらえた作品から林氏の写真に対する想いを感じてください。

若子 jet

日本の「かわいい」文化を世界に発信する。そのために写真を撮っていると語る作者が軌跡のためにD800Eで撮りおろしたビューティーポートレート集。

中山 達也

いつも身軽でニュートラルでありたいと語る作者。自身にとって印象深い作品から近年発表したものまでをお楽しみいただけます。

2013

松本 紀生

大切なのは「何を撮ったか」ではなく「どう取り組んだか」。手つかずの原野もあるアラスカでひとり、長期間大自然に浸りながら撮影した作品にこめた思いとは。

大橋 愛

「自分と向き合って、泣いて、また前を向く」。見る人にとってそんなきっかけとなるよう編まれた写真集「Piece」からセレクトした作品です。

中村 卓哉

「青」「静と動」「音」。全てフィッシュアイレンズで撮影した海本来の姿や海中にいるときの感覚を感じ取れる美しい作品は圧巻です。

中村 博之

選手の肉体の美しさがシンプルに伝わる白黒写真は見る側の想像力をかきたてます。一度きりの瞬間を切り取ったスポーツ写真をお楽しみください。

大和田 良

「どう構成するか」がスナップを発表するとき重要だという大和田氏。写真の持つ「関係性」をテーマにまとめた作品をご堪能ください。

閲覧に際してのご注意
当サイトでは、作者の制作意図を尊重し、作品に対して一切の修正を加えずに掲載しております。そのため、一部に不快な印象を与える表現が含まれている場合があります。これらの表現が弊社の意図によるものではないことをご理解の上、特にお子様の閲覧に際しましては、充分なご注意をいただきますようお願いいたします。
本コンテンツでは、作品や職業名等すべて作者本人の表現や意思を尊重し、株式会社ニコンイメージングジャパンの意図的な変更等を加えることなく掲載しております。あらかじめご了承の上、ご閲覧いただきますようお願いいたします。