Nikon Imaging
Japan

D5 D850企画展 松本紀生写真展「ALASKA DAYS」開催のお知らせ

写真展会場「THE GALLERY」(新宿・大阪)にて、松本紀生写真展「ALASKA DAYS」を2018年10月2日(火)より開催いたします。

本展示について写真家よりコメント

初めてアラスカを訪れてから24年の歳月が流れました。気がつけば、彼の地だけを撮る写真家となっていました。これほどまでに夢中になれるアラスカの魅力とは、という問いには、いまだにうまく答えられないでいます。心身が洗われるような手つかずの大自然、厳しい環境ゆえ輝きを増す動物やオーロラの躍動、人々の底知れぬ温かさ……。どれも誤りではありませんが、反射的に心がうなずくほどには自分の気持ちを言い当てられていないようです。きっと、魅力が多すぎて、言葉の羅列などでは説明しきれないのでしょう。

アラスカとのかかわりを通してひときわ強く感じるのは、一生を賭けるに足る対象に出会えた喜びです。アラスカを知るほどに、この思いは深くなっているようです。まだまだ、先の長い旅となりそうです。

展示のうち、D850で撮影した作品は今夏の撮り下ろしです。気まぐれな自然が相手のこと、「かけがえのないときを過ごしてきた」ということにおいては胸を張れそうです。(松本紀生)

松本 紀生(まつもと のりお)氏プロフィール

写真家。
1972年愛媛県松山市生まれ。アラスカ大学卒業。年の約半分をアラスカの原野で過ごし、オーロラや野生動物を撮り続ける。2004年には北米大陸最高峰・デナリ(6,190m)にも登頂。その活動はTBS「情熱大陸」「クレイジージャーニー」、中学道徳および高等学校の英語の教科書、米国「National Geographic」のドキュメンタリー番組や雑誌などで紹介される。2017年にはNikonの全面協力により写真集「DEEP ALASKA」(インプレス)を刊行。
WEBサイト http://www.matsumotonorio.com/

D5 D850企画展 松本紀生写真展「ALASKA DAYS」

「THE GALLERY」について

「THE GALLERY」は2017年7月に新宿、2017年8月に大阪に開設された、写真文化の普及・向上を目的とする写真展示場です。ニコンの最新機材を用いて著名な写真家が制作した質の高い作品などを展示する企画展の他、ニッコールクラブ会員展、写真団体展を展示します。

以上

こちらに掲載されている情報は公開日現在の情報となり、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。